エリアごとに違う!集合住宅のポスティグのやり方

エリア選びはとても重要です

ポスティングするときエリア選びはとても重要になります。魚釣りに例えると魚がいない所で釣りをしても一匹も釣れませんが、魚群がいる所だと次々魚が釣れます。テレビのCMだと時間帯によって奥様向けのCMがあったり、車のCMがあったりしますが、それと同じで広告の種類によってエリアを選ぶとそれに見合った反応が得られます。エリア選びがわからない場合は最初は周辺の住宅から配ってみれば、反響がどれくらいあるのかわかるので対策を立てられます。

集合住宅のマンションと団地の成功例

集合ポストだと郵便受けがまとまってあるので、チラシ配布する側は楽にポスティングできます。しかしどのような世帯が入居しているのか考えないと、無駄な努力になってしまいます。マンションと団地ではそもそも世帯の収入が違います。団地に高級住宅のチラシを入れても収入が低い世帯が多いわけですから、反応はほとんどなく無意味になってしまいます。団地は高齢者が多く住んでるので、介護や老人ホームのチラシなら定期的にポスティングすればそれなりに反応が得られます。高層階のマンションの場合は次に引っ越す場所を探している世帯がいるので、高級住宅のチラシや引越しのチラシを配布すれば効率が上がります。若い世帯のいそうな賃貸マンションの場合は、ピザ配達のチラシを入れると反響があります。どういった世帯が入居しているのかリサーチしながらエリアを考えていけば、チラシ代を節約しながら効果的にポスティングが行えます。

ポスティング(posting)とは、広告や宣伝などを目的に、ビラやチラシなどの文書を居宅の郵便受けに直接投入する行為です。