カーテンで個性を出したり統一感を出したりしよう!

自分の部屋に統一感を出すには?

自分一人の部屋を貰った時や、初めて一人暮らしをする時、結婚して新しい部屋や家に引っ越す時にはワクワクしますよね。今から自分の世界を作ろう、と意気込む人も沢山いると思います。しかし実際には金銭的な限界や実家などから使える家具などを貰ってくることも多く、思ったよりも自由に出来ずに結局今までと同じようなテイストになってしまうこともあるでしょう。

使えるものは使ったほうがいいですから、貰えるものは貰うとして、では統一感を部屋に持ち込むためにはどうすればいいでしょうか?答えは、テイストやカラーを揃える、ということです。

カーテンはインテリアの中で大きな割合をしめます

例えば実家から貰ってきた家具が古びた茶色をしていたとしましょう。それにあわせて新しく買う家具も茶色にする、どうせなら鑢などをかけて古びたテイストを演出するなどしてみてください。茶色にあう緑色や白色で小物やカーペットなどを揃えることも、部屋にまとまりを出す有効な手です。

そしてカーテンです。部屋の中にどれだけ窓があるかによっても違いますが、カーテンは間違いなく視界に入るインテリアアイテムの中で大きな存在です。にも関わらずカーテンは適当に選ばれることの多いアイテムでもあるのです。例えば壁は白、家具も白っぽいものであるならカーテンは遊び心溢れ大柄にしてみる、黒っぽいテイストでまとめているなら濃いブルーにしてみるなど、ちょっとした外しをカーテンですることが出来ます。自分の個性を表現する大きなカンバスがカーテンだと思って選ぶようにしてみてください。一気に自分好みの雰囲気にすることが出来るでしょう。

別名ストリングスカーテンとも呼ばれているひもカーテンとは、糸をレース状に縫合してカーテンに見立てた衣装性の高いインテリアマテリアルです。