エコな発電とは?太陽光発電の仕組みを理解しよう!

太陽光発電が注目される理由

太陽光発電はソーラーパネル内のシリコンに日光を当てて、光エネルギーを電気エネルギーに変換して発電する仕組みになっています。従来の発電は大掛かりな設備が必要なため、自然破壊や環境汚染などの重大な不具合が生じてしまう問題がありました。太陽光発電はシリコン入りのソーラーパネルを設置するスペースを確保するだけで発電が出来るため、環境保護に繋がるのが大きな特徴です。また、発電設備が小型化できるので住宅やビルなどの建物を対象にした小規模な発電が出来るのも他の発電方法には無い大きな利点になります。燃料や放射性物質を使う必要が無く、設備のメンテナンス以外の維持費が生じないのも広く普及した大きな要因です。

太陽光発電の特徴と効率的な運用方法

太陽光発電は日光に当てるだけで発電が出来る利点がある一方、発電量が気候に影響される欠点もあります。また、汚れや降雪によってソーラーパネルに日光が当たらなくなってしまうと発電効率が著しく低下するため、こまめに状態を確認する必要があります。日本は降雨量が多く、地域によっては雪がパネルに積もって日光を遮ってしまいます。そのため、太陽光発電の効率性を上げるためには周囲の環境に合わせた設備の設営が重要です。また、ソーラーパネルや配線設備は用途の性質上、常に日光や風雨に晒されているので経年劣化が生じてしまいます。設備が傷むと発電量が低下するので、定期的に検査や補修を行うのがクリーンな発電を長く続けるための工夫です。

太陽光発電の価格は、ソーラーパネルの枚数と枚数に合ったパワーコンディショナの他、付帯する機器の数量や規格等で費用が異なります。