確定申告必要な人って!?取り敢えずチェックするべき3つのポイント

二つ以上の会社から給与を貰っている人

仕事を掛け持ちしていませんか?二つ以上、仕事を掛け持ちしているなら確定申告をしなければいけない可能性がありますよ!主たる勤務先以外の給与が20万円以上になる人は注意です。確定申告を怠ると余計に税金を支払わなければいけなくなる可能性も出てきます。給与を2カ所以上から貰っていなくても、副業などで20万円以上収入がある人も注意です!会社員だけではなく、パートやアルバイトにも言える事なので、是非チェックしてみて下さい。

還付金を受けられる可能性がある人

給与所得者で医療費控除や住宅取得控除が受けられる条件に当てはまる人は確定申告を行った方が良いです。確定申告を行うことによって還付金を受け取れ可能性があります。給与所得者であっても年末調整に間に合わず出産控除などを自分で行わなければいけない場合も出てきます。その場合も確定申告を忘れずに行うようにしましょう。今はネットで簡単に確定申告ができるようになっていますよ!

収入が103万円以下の人

1年間の収入が103万円以下の人で勤務先から源泉徴収されている場合は確定申告をすると還付金を受けられる場合があります。パートの年末調整も行ってくれる会社が稀にありますが、ほとんどのパートやアルバイトが自分で確定申告しなければいけません。毎月の給与から所得税が引かれているのならば確定申告で還付金を受け取れる可能性が出てくるので是非、確認してみて下さい。学生のアルバイトだと特に還付金を受けられるのに何もしていない人が多いです。還付金が受け取れるか分からない場合は税務署に問い合わせてみるのも良いかもしれません!とても丁寧に教えてくれますよ。

白色申告のメリットは、何といっても記帳が簡単で会計処理が苦手な方や申告書作成の時間が無い方にはピッタリです。但し、青色申告のような特別控除はありません。