引越しした後荷物が片付かない!効率よく片付けるコツ

荷物を片付けるまでが引越し作業

引越しは荷造りや不要品の処分、ライフラインの手続きなど、引越し前の作業に全力を出しがちですよね。新居に越した後、山積みのダンボール箱を見て途方に暮れてしまうことありませんか。荷解きするにもどこから手を付ければいいのかうんざりしてしまいます。

なるべく早く新居で普段通りの生活を始められるように、引越し後効率よく片付けるコツを紹介します。スムーズな片付けができるかどうかは、実は荷造りの段階で決まります。

すぐ使う荷物はまとめて梱包しておく

引越し直後から日々の生活は始まるので、すぐ使う荷物があります。歯ブラシ・石鹸・タオルなどの洗面具、着替えるための服・下着、夜寝るのに使う布団、食事をしたり作ったりする食器類・箸・鍋などです。忘れがちだけどすぐに必要になるものとしては、カーテン、トイレットペーパー、空調機器があります。こういうものはすぐに取り出せるようにしておきます。おそらく旧居でも最後まで梱包せずに残してあったはずなので、引越し直前にまとめてダンボール箱に入れましょう。その際すぐ使う荷物のダンボール箱にはガムテープの色を変えておくなど、目立つ印をつけておくと引越し後にすぐ見つけ出せます。

ダンボール箱に荷物の住所を書いておく

当然のことですが、ダンボール箱に荷物を入れてしまうと、中に何が入っているのかわからなくなります。そんな箱がたくさん積まれていれば、必要なものを探すためにダンボール箱を手当たり次第に開けなくてはならなくなります。そこで、梱包する時に箱の側面に内容物を書いておきましょう。できれば新居で運び入れる場所も記しておけば、引越し業者がそこへ運んでくれますので、荷解きの際にいちいちダンボール箱を移動させずにすみます。

引越しや大掃除の時に、使わなくなった家具などの処分を依頼するのが、代表的な不用品の回収業者の活用シーンです。