社員教育の一環!ストレスチェックの重要性

ストレスチェックは会社の義務

近年仕事のストレスから来る体調面や精神面の不調が原因で仕事を休職もしくは退職してしまう人が増えてきていて、仕事によるストレスが問題視されています。そのため平成27年度から一定以上の社員を抱えている企業ではストレスチェックが義務化されるようになり、企業側は条件を満たしていれば定期的に実施しなければいけなくなったのです。

ストレスチェックの重要性

ストレスチェックは基本的に社員からの聞き取り調査が中心となっていますが、その重要性は社員や企業に仕事によるストレスを自覚させる目的があります。そこからカウンセリングの必要性の有無や部署の配置換えなどストレスを緩和するための配慮を行う必要があると認知させ、不調を予防させるのが大切なのです。

ただしストレスチェックはストレスを抱えている社員を特定するものではありません。企業全体でどのようなストレスが生まれているのか、改善策はどうするのかなどストレスを抱えていない社員も含めたストレス対策に用いる必要があります。

社員教育としてのストレスチェック

では社員教育として導入する場合のストレスチェックにはどのような目的があるのかですが、一番重要だと言われているのが「メンタルヘルスに活用すること」です。特に若い人のうつ病が増えてきているので、自分たちでメンタルヘルスケアについて考えながら自己対策が出来るように教育していく必要があります。

そのためにストレスチェック制度を活用している企業も多く、社員の意識改革からの職場環境の改善などに役立てているのです。

社員教育の効果を高めるうえで、従業員の関心の高いテーマを積極的に研修に取り入れることがポイントです。