社員研修は種類が豊富!用途に合わせて選ぶのが肝心

社内研修の利点を知ろう

社員研修には、まず社員が講習を行う社員研修があります。その利点は業務に則した講習を行うことで、即戦力として成果が期待できることです。さらに会社の方針を浸透させることができます。講習を行う社員研修は自身のスキルも高まるという利点も伴うので、社内全体の生産性向上が望めることになります。

社員研修の注意点とは

社員研修で注意が必要なのは、教える社内によって得られる成果が異なることです。教育をするプロではないので、人によっては効果的に講習を行えない場合があります。そのような時には社外の研修サービスを利用して、基礎的なスキル向上を行うことが必要です。

eラーニングの利点について

社外研修は社員が集まって受ける必要があるので、その時間を確保することになります。そこで業務に支障を出さないようにeラーニングを利用する方法もあります。これは社員それぞれが都合の良い時に受けることができるのが利点です。講習内容もプロが作ったものなので安心できます。ただし社員の取り組む姿勢によって成果が異なるので、どの程度の効果が得られるのかは分からないのが課題です。

社外研修のメリットとは

社外で開催している研修に参加することで、プロの講習を受けることができます。一般的なビジネススキルを体系的に学ぶことができるので、必要とするスキルに応じて社員は受ける研修を選べるのが利点です。社内研修では難しい管理職の研修も受けることができます。あくまでも一般的なスキルを学ぶものなので、会社の社風などを伝えることはできないのが課題です。

「社員研修」と聞くと、新入社員のときに行う印象が強いといえます。しかし、勤続年数を重ねるにつれて考え方などが硬直化するのを防ぐために、5年目・10年目研修や管理職研修も重要な役割を果たしています。